ピラテスの教室
ランキング
ピラテス最新記事

ピラティス(ピラテス)の教室を探そう!

ダイエットにも効果あり!
ダイエットというと、「食べない」ことに注目しがち。

でも、じつは「筋肉の量」も大切な要素なんです。

筋肉を付けることで、何もしなくても、一日に消費されるカロリー(基礎代謝)が増えます。

同じ食事を取っていても、より体重が減りやすくなりますから、無理のないエクササイズは、ダイエットにも必要なんですよ。

その点、ピラティス(ピラテス)なら、ツライ運動も必要ありませんから、最適ですね。






デスクワークの人にも
机に座ってばかりの仕事だと、どうしても、首や肩、背中が痛くなってしまいますよね?

肩こり、背中の痛みを解消するための方法として、日ごろからのエクササイズを取り入れて、ツライ部分の筋肉を鍛えてみましょう。

そんなときにも、ピラティス(ピラテス)がオススメです。

肩、首、背中の筋肉を付けることで、身体がしっかり保持されますから、長時間のデスクワークにも堪えられるようになりますよ!






立ちっぱなしの仕事にも
座って仕事をしていると、首、肩、背中が痛くなりますが、立ち仕事の場合には、ふくらはぎや足のむくみが気になります。

日ごろからのストレッチや、運動によって、血液循環を整えておけば、いつもの仕事も楽に感じるはず。

身体を伸ばしたり、曲げたりすることで、身体のむくみや血流を自然に整えることができます。

家事の合間など、あいた時間に、ピラティス(ピラテス)を取り入れてみてください。

きっと、効果が実感できますよ






自宅でも、できる
ピラティス(ピラテス)は自宅でできます。

広いスペースが必要ありませんので、自宅のフロアの上でもエクササイズができます。

それならば、あいた時間を利用できますから、とってもお手軽。

もちろん始めのうちは、教室に通うのも良い方法ですが、基本が分かってくれば、テレビを見ながら、楽々に続けることができるんです。

ゆっくり、自分のペースで、ピラティスを続けてみてくださいね。






ピラティス教室に通うと友人も増える
自宅で気軽に続けられるのがピラティス(ピラテス)のメリットですが、始めのうちは戸惑うことも多いと思いますので、教室やスタジオに通ってみるのも良い方法です。

分からないことがあれば、すぐにインストラクターの先生に質問できますので、その点が安心ですね。

教室にはいろいろな方が来ていますが、基本的に「ピラテスを生活に取り入れたい」という前向きな方ばかりですから、お付き合いも楽しいものです。

無理をする必要はありませんので、週に何回かを教室で過ごしてみるのも、オススメです。

不安でしたら、何度か見学させてもらい、その上で決めてみるのも良いでしょう。






年齢にかかわりなく始められる
激しく動くエクササイズだと、体力の無い方や年齢の高い方は敬遠されるかもしれませんね。

ピラテスの場合、ご希望であれば、激しい動きもありますが、始めから無理をする必要はありません。

まずは、ゆっくりの動きから始めればよいのです。

簡単なポーズから憶えていってください。

ご自分のペースでできるのがピラテスの魅力ですから、少しずつ身体を鍛えてゆきます。

むしろ、年齢とともに気になってくる、ヒップ・アップのポーズもありますから、ぜひ!






女性も、そして男性も
日ごろから、美容が気になる女性の方はもちろんですが、40代を過ぎて、このごろ体力に自身がなくなってきた、男性の方にもピラティス(ピラテス)はオススメです。

仕事においても、無理がかかってくる年齢ですし、一家の大黒柱ですので、健康には気をつけておられることだと思います。

現在、運動が趣味だという方は良いのですが、「どうも運動不足気味かな?」と思われるようでしたら、簡単なエクササイズでも身体を鍛えられるピラティスを始められるのは良いことだと思います。

スリムな男性は、女性からの印象も良いですから、無理なくピラティス・エクササイズは続けてみてください。








芸能人、有名人にも人気のピラティス
テレビで活躍中の芸能人の方も、ピラティス(ピラテス)を取り入れています。

たとえば、渡辺満里奈さんも、体型維持のために、ピラティス(ピラテス)ダイエットを取り入れているそうです。

海外では、多くのダンサーや、歌手のマドンナ、映画女優のジュリア・ロバーツなども、ピラティスを支持しています。

スタイルの良さが要求される、多くの有名人たちに好評なピラティスですから、その高い効果にも納得していただけるかと思います。






ヨガとピラティス
「ポーズを取る」という点が、ヨガと似ているピラティス(ピラテス)ですが、じつは結構違いがあるのです。

ヨガの場合には、瞑想や精神集中など、メンタル的な部分も大事ですが、ピラテスが重点を置いているのはあくまで、身体の部分です。

ピラテスは、もとともが障害を受けた方のリハビリをして生まれたものですので、本来の目的からして、まったく違うのです。

また、呼吸法などもヨガとは違いますので、似ているようでも、案外両者には、けっこう違いがあるものです。






ピラティスで部分痩せダイエット
「部分痩せ」

魅力的な言葉ですよね!

ピラティス(ピラテス)には、お腹や二の腕、ヒップラインなど、気になる部分別に効果的なポーズがありますので、部分痩せにも効果的です。

お腹をもっと引き締めたい!
ヒップをもっと持ち上げたい!
細い足に憧れる!

そんな願いにもピラティスは効果を発揮してくれます。






ピラティスは簡単!
どんなに効果の高いエクササイズでも、激しい運動が必要だったらツライですよね?

ツライことは、長くは続きません。

どんな運動も、「続けること」が一番の効果を生み出します。

その点、自分のペースで、無理なくゆっくりと続けられるピラティス(ピラテス)は、スタイル・アップや健康な身体づくりのためにも最適ですよ。